contact us

Use the form on the right to contact us.

You can edit the text in this area, and change where the contact form on the right submits to, by entering edit mode using the modes on the bottom right.

           

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

金のエビフライソースとふくしのおいしい関係

 

金のエビフライソースは、障がい者の手仕事を増やすソースです。

 


洋食レストランの味を完全再現させた「金のエビフライソース」。

実は、このソースの秘密は独特な甘味の生み出し方だけではありません。

それは、金のエビフライソースによって障がい者の仕事が増えていることです。

デザイナーのアイデアにより、金のエビフライソースのラベルにひと工夫をし、

障がい者の仕事の価値がアップする仕掛けを施しました。

金のエビフライソースだけでは、彼らの収入は大幅に上がらないかもしれませんが

まずは、多くの方に障がい者のはたらくについて知ってもらいたいと思います。

 

ソースとふくしのおいしい関係 その1

子どもでもキレイに貼れるラベルデザインにし、障がい者の仕事力をアップさせました。

 障がい者が通う福祉事業所では、ラッピング作業や商品封⼊入後のシール貼りの仕事も多くあります。しかし、ふつうの人でもラベルやシールをまっすぐ貼るのはひと苦労です。そこで、子どもや不器用な方でも楽しく貼れるラベルデザインを採用。欠品と検品時間を減らし、福祉事業所の利⽤者たち仕事のスピードを飛躍的に上げました。


ソースとふくしのおいしい関係 その2

ラベルの一つひとつにひと⼿間加え、世界に一つしかないデザインが生まれました。

 すこしねじれても成立するラベルは、もう1つ障がい者の仕事を生んでいます。それは、ラベルデザインのフィニッシュワーク。商品名とロゴマークは固定にし、⽩紙部分を⽔水彩ペンで塗ってもらい彩りを加えてもらうことで、表情豊かなラベルデザインになりました。それぞれ違う金のエビフライソースのボトル。購入してくれた人だけのたった1つのお気に入りになると思います。


 

障がい者に、新しいはたらくを。

わたしたちは考えます。もっと「障がい者のはたらく」には可能性があるはずだ、と。そこで、障がい者福祉のプロとクリエイターがタッグを組み、おたがいの得意な所を最⼤限に活かすことで障がい者の可能性を引き出し「新しいはたらく」を生み出していく「Lavoro」というチームを立ち上げました。ときには⾃主事業で、ときには地域の福祉事業所などとの協働事業で、われわれは「障がい者のはたらく」の価値を高め提供することをめざします。